行動力をゴリ押しで上げるたった一つの方法

スポンサーリンク


022

お疲れ様です。ナオトです。


今回は、

行動力をゴリ押しで上げるたった一つの方法

ということについて書いていきます。


ちょっと自分の過去を思い出して考えてほしいのですが、
何か新しいことを始めるときって、


なんかやりたくないな~ とか めんどくさいな~


って思うときありませんか?
そうやってなかなか行動できないときってありますよね。


でもそうやって行動できないのは何故か?って
考えたことありますか?


なんで行動できないんでしょうか。


僕は考えてみたんですけど、やっぱり、


その行動をしなくても別に生きていけるから。



だと僕は考えました。
例えば、フィリピンで、こんなことがありました。


僕が車に乗り込むと、フィリピンの方が来て、
車のドアに手をかけて、なんか手をだしてきて、
ドアを閉めるからチップくれ。みたいなことを言ってくるんですよ。



当然、僕はドアを閉めたかったら自分で閉めるし、
チップなんかあげるつもりもないですから、無視したんですよ。
そしたら、そのフィリピンの方は残念そうに去っていきました。


ですが、僕は思ったんです。
ああ、すごい行動力だなぁ。しかも図太い。



なぜフィリピンの方はこんなことをするのかというと、
“お金が欲しいから”なんですね。お金がないと生きていけないから。
つまり、”命”がかかっているというわけなんです。



多分ですけど、フィリピンの方だって、好き好んで、
車のドアを閉めて、チップをせがむような真似は
やっているわけではないと思うんですよ。


だってそうまでしてお金を稼がないと生きていけないから。
だからこそ、やっぱりフィリピンの方の行動力はすごいです。


日本人はこの行動力を見習ったほうがいいかもしれませんね。


僕ら日本人はなにかめんどくさいことがあると
つい先送りにしがちですよね。


例えば夏休みの宿題なんかそうでしたね。
夏休み入った当初は、

よし!8月に入る前に終わらしてやるぜ!

とかなんか意気込んでいるんですが、
明日からやろうっと。って言って、
そのまま8月29日を迎えてしまうんです。



そう考えると、行動力を抑制するものは、
“余裕”ということになりますね。



やはり余裕があるとつい怠けがちになりますね。
今これを書いている僕もすげえ心が痛いです。(笑)



先ほどフィリピンの方は行動力はすごいと書きましたが、
フィリピンの方にあって、日本人にないものは
“命の危機感”だと僕は思います。



なので、僕たち日本人もなにか行動するときは、
常に危機感を持つことで、行動力を加速できると思います。



例えば、夏休みの宿題なら、
夏休みが7/20~7/26までしかない!ってなるとどうでしょうか。
7/23から超本気でやりますよね。


そのぐらいの気持ちでやると、余裕で終わりますね。(笑)



なので、ついだらだらしちゃって行動できない!とか
なにかと言い訳して、行動できない方は、


自分の中で期限を超ギリギリにしたり、
それをやんないと明日は生きれない!
みたいなイメージで取り組んだりするのをおすすめします。



だって、死ぬより怖いことってありますか?
ないですよね?



恐らく死と天秤にかければ、
大抵のことはできてしまうようになるでしょう。



ということで、今回は、

行動力を割と力技で上げる方法についてでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を生み出してしまった人

ナオトノーマルキャンセラー
高卒で鹿児島から上京。東京の会社に就職するが通勤中、
毎日会社が爆発する妄想していたら、
いつの間にか辞めていた。(会社が爆発したわけじゃない)

普通を避けるように生きている為か、
普通とは少しズレている可能性のある男。
行動指針はよりおもしろい方へ。つまらないことが何よりも嫌い。

日本をもう少しだけおもしろくするために、
普通をぶち壊していける人を増やしたいと思っている。
自分の納得できる人生を生きるため、日々考え、活動を続ける。
よろしければtwitterをフォローしてね!!
@tyoioreさんをフォロー

ナオトの公式無料メルマガ

ちょっと、共有していかない?

今回の記事はどうでしたか?もしよろしければ、
下のボタンから友達とかと共有して、話題のサンドバッグにしてみてね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ