安定した人生って幸せなんだろうか?その安定は本物なの?


097

お疲れ様です。ナオトです。

僕は、子供のころから親や、学校などから、


安定した人生こそ至高。


みたいなことを教育されてきました。
それは、おそらくあなたもそうではないでしょうか。


山はないほうがいい。谷がないほうがいい。


そういった人生は果たして
本当に素晴らしいものなんでしょうか。


確かに、何にも挑戦しなければ、
日々をただ過ごすだけでいいので、楽ですよね。

成功もなければ、失敗もない。

ずっとフラットな状態で人生を過ごしたとしましょう。


そんな安定した人生を送った人は、
最後の日を迎えたとき、何を思うのでしょうか。


ほとんどの人が最期の日を迎えた時こう思うそうです。


自分の生きたいように生きれば良かった


と。もっと細かくわけることもできますが、
どれも行き着く先は上みたいな感じです。


ですが、何もせずに、ただ日々を過ごすのが
悪いと言っているのではありません。


中には、何もない人生で、


はぁ~何もなかった~良かった~ ぽっくり。


みたいな人もいるかも知れません。
ですが、おそらくそんな人は滅多にいないはずです。


まぁ一時的には、フラットな人生を歩むのも
悪くはないかもしれません。経験的な意味で。


例えるなら、観覧車ですね。


ふわ~っと安定した人生を観覧車とすると、
山あり、谷ありの人生がジェットコースターですね。


そう考えると、どうですか?


観覧車って1周ならいいですが、
そのあと何周も乗りたいと思いますか?


僕なら、1回で十分だよ!って感じですね。
1周でもうお腹いっぱいです。飽きます。


ですが、ジェットコースターなら、
飽きずに、何回も乗れますね。僕はですが。


あの山あり、谷あり感がたまらないですね。
人生も同じだと僕は思います。


一時的にフラットならいいですが、
やっぱり山あって、谷あってこそ、
人生だと僕は思いますね。

なので、僕は安定より、不安定を楽しめるような
人間になりたいですね。


だからこそいろいろなことに挑戦して、勉強して、
自分を高めて行きたいと僕は考えています。



ですが、今回みたいなテーマは
やっぱり、人それぞれだよね。ってことになると思います。



安定した人生を過ごして、
最期を迎えた時、自分は何を思うのか。


ちょっと考えてみてはいかがでしょうか。


というか安定ってホントに存在するのでしょうか?

大企業に就職する、公務員になる

などいろいろな安定がささやかれてますが、
それってマジに安定なんですかね?


2011年の3月に東日本大震災があったように、
いままでの日常がひょんなことで崩れ去るってことは
十二分に有り得ますからね。


大企業だって、人員削減とか言って、
リストラしまくってますし、


税金から給料が払われている公務員だって、
国の借金がどんどん膨れているから(1000兆越)
給料もさらに減るだろうし。


もしかしたら、安定なんてものはなく、
それは一時的にそう見えるだけなのかもしれませんね。


最初っから、この世には安定しているもはなく、
不安定なものしかない。
という前提で生きていたほうが、
より柔軟に生きれるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

この記事を生み出してしまった人

ナオトノーマルキャンセラー
高卒で鹿児島から上京。東京の会社に就職するが通勤中、
毎日会社が爆発する妄想していたら、
いつの間にか辞めていた。(会社が爆発したわけじゃない)

普通を避けるように生きている為か、
普通とは少しズレている可能性のある男。
行動指針はよりおもしろい方へ。つまらないことが何よりも嫌い。

日本をもう少しだけおもしろくするために、
普通をぶち壊していける人を増やしたいと思っている。
自分の納得できる人生を生きるため、日々考え、活動を続ける。
よろしければtwitterをフォローしてね!!
@tyoioreさんをフォロー

ナオトの公式無料メルマガ

ちょっと、共有していかない?

今回の記事はどうでしたか?もしよろしければ、
下のボタンから友達とかと共有して、話題のサンドバッグにしてみてね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ