個性を殺す社会~サラリーマン育成国家日本へようこそ~

スポンサーリンク


bn1-30d

僕は、会社を去り、一旦ニートになることにより、
考える時間がたくさんできたことによって、
いろいろなことを振り返ることができました。


その中の一つが、

日本の教育ってやっぱりサラリーマンのためにあるものだな と。


僕は最終学歴が高卒なので、小、中、高 と来たわけですが、
そこでの教育はやはり、どこか右にならえというか、
みんなとおんなじ!みたいな。そんな教育でしたね。


悪い言い方すると、
将来会社の扱いやすい駒となるような教育ですね。


小学校では給食の時間にふざけると、みんなの前に立たされて、
謝罪させられ、なんとも言えない屈辱感を味わいました。


中学校では、入学当時に全校生徒の90%以上は部活に入るのは
あたりまえみたいな雰囲気をだされ、僕は見事に部活に入りました。


高校では、工業高校だったので、それこそ軍隊みたいな感じで、
体育の1限が全部行進で終わるということもありました。


そういった教育が根付いているからこそ、
生徒側でもはみ出したものを疎外するということが起きてしまいます。


特に小学校ではそれが顕著でした。

あいつおかしいよな?って一人が言い出すと、
みんなその対象になりたくないから、それに同意する。

微塵も思ってなかったのに、
う、うん・・・みたいな。


そして、始まるハブり、いじめ。


そうやって、

みんなと同じじゃないとだめ、同じじゃないと安心できない 

という人格が出来上がってしまいます。


そうなったら、日本政府の企み通り、
上には逆らわない、みんなにあわせる、
企業で働く立派な駒素材の完成です。
(クリエイティブ系なら、また違うかもしれませんが。)


僕が今まで会った学校の先生の中で、誰一人として、
自分の個性を出していこう!っていう人はいませんでした。


まぁ出しすぎると、校則とかもあるので、
しょうがない部分もあると思いますが、
僕はもっとはみ出すことを恐れなくてもいいと考えます。


人それぞれ、自分の中にはみ出した部分が
あるはずなんですよ。ですが、何かを恐れて、それを出せない。


もうみんなが~っていうのは終わりにしましょう。
あなたの”個”をもう少し大事にしてあげてください。


そりゃあ、個を出せば、多少周りから、
何か言われるかもしれませんが、絶対に支持してくれる人はでてきます。

いないなら僕がなります。


みんなから好かれようなんて、無理なんですよ。
カレーライスじゃあるまいし。
(カレーも嫌いな人がいますよね。)
らっきょうみたいな存在でいいんですよ。


好きな人は好きだけど、嫌いな人は嫌い。みたいな。



まぁそんな感じで、個性を殺されやすいこの社会だけど、
もっとはみ出ても大丈夫だよ。っていうお話でした。


PS.

僕は逆に普通の人よりどこかはみ出た人と繋がりたいですね。
だってそっちのほうが絶対おもしろいんですもの。


特に会話している時に、僕の予想を超えた回答してくれる人なんか
もう最高ですよ。そんなときはもう興奮しますね。(笑)


まぁ僕もそんな感じで、ちょいちょいはみ出てるので、
よろしくお願いできる方は、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

この記事を生み出してしまった人

ナオトノーマルキャンセラー
高卒で鹿児島から上京。東京の会社に就職するが通勤中、
毎日会社が爆発する妄想していたら、
いつの間にか辞めていた。(会社が爆発したわけじゃない)

普通を避けるように生きている為か、
普通とは少しズレている可能性のある男。
行動指針はよりおもしろい方へ。つまらないことが何よりも嫌い。

日本をもう少しだけおもしろくするために、
普通をぶち壊していける人を増やしたいと思っている。
自分の納得できる人生を生きるため、日々考え、活動を続ける。
よろしければtwitterをフォローしてね!!
@tyoioreさんをフォロー

ナオトの公式無料メルマガ

ちょっと、共有していかない?

今回の記事はどうでしたか?もしよろしければ、
下のボタンから友達とかと共有して、話題のサンドバッグにしてみてね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ