恐るべき現状維持の力。”悪魔”の快適ゾーンから抜け出せ!


pump074

お疲れ様です。ナオトです。 

いきなりですが、
人は基本的に変わることを恐れる生き物です。
しかし、それと同時に変わりたいと思う生き物でもあります。


そんな欠陥を僕たち人間は持ちながら生きています。


よっしゃ!オレ変わるで!

って口で言っても、
潜在意識、つまりはあなたの心の奥底は


おいおい!そんなことしたら、きついじゃん!やめてよ!

ってなってるわけです。


そうなると何が起きるかって言うと、
変わろうと行動を起こすと、

頭のどこかで、

(いいじゃん・・・このままで・・・)

っていう現状維持の指令がささやかれます。


何故こういった現状維持させる働きが
でてくるのかって話ですが、


それは今の状態が自分にとって
心地よい状態だからなんです。

口では、いや、違うよ。って言っても、
潜在意識はそれが心地よいと感じているのです。


ちなみにこの心地よい状態のことを

コンフォートゾーン と言います。


例えば、部屋が汚い人がいたとして、

あるとき思い立って、部屋の掃除をしても、
気付けばもとの汚い部屋に戻ってしまう。


これは、当人のコンフォートゾーンが

“部屋が汚いほうが心地よい”

ということになっているので、


いくら部屋を綺麗にしたところで、
自分の心の奥底が部屋は汚いほうを
望んでしまうのために、


そこに現状維持の力が働き、
徐々に元の汚い部屋にもどってしまうのです。



貯金ができない人ってたまにいますよね。
それもおんなじなんじゃないかと。


貯金がない状態が自分にとって
コンフォートゾーンになっているから、


ついつい無駄使いして、
給料日前に、今月俺ピンチだよ~とか言っちゃう。


いやいや!俺はちゃんとお金貯めようと思ってるよ!
と言っても、潜在意識は真逆のことを思ってたりするのです。


で、どうしたらいいの!?って話ですが、


これはやっぱり自分のコンフォートゾーンを
変えるしかないですね。


自分が心地よいと思ってるものを変える。

例えば、ダイエットをしたいなら、

現状、運動をしないことがコンフォートゾーンなら、


毎日10分ずつ運動をやっていて、
徐々に増やしていくとかね。


以前の記事でも言った気がしますが、
少しずつ変えていって、習慣化するのが最強ですね。


で、少しずつ、コンフォートゾーンの外へというか、
コンフォートゾーンの移動ですね。


ダイエットの例なら、


運動しない⇒運動しないと気持ち悪い


にコンフォートゾーンの移動を行うことで、
すんなりダイエットできるとうことですね。


ダイエットなら個人なので、
別に他人は関係ないですが、


実はこのコンフォートゾーンは
場合によっては他人も影響してきます。


例えば、会社にAとBっていう会社員がいたとして、

A「オレ将来会社立ち上げたいんだよね~」

B「いや、おまえには無理だって~」


なんかありがちじゃないですか?


これは、Bにとって、
Aと一緒の会社で仕事をすることが
コンフォートゾーンになっているためですね。

Aが会社を立ち上げる、
つまり、Aと一緒に仕事ができなくなるので、
それを維持するために、足を引っ張ってしまうのです。



ちょっと雑な例だったかもしれませんが、
このように他人が変わろうとすると、
自分のコンフォートゾーンが乱されるのを恐れて、
足を引っ張ろうとする人が出てくる可能性があります。



なので、自分が変わろうとしたときは、他人にも少し注意が必要です。
もし周りにそんな人がでてきたら、すみやかに離れましょう。


とまぁこんな感じで、自分の快適ゾーンを
見直すきっかけになったらいいなと思います。

スポンサーリンク

この記事を生み出してしまった人

ナオトノーマルキャンセラー
高卒で鹿児島から上京。東京の会社に就職するが通勤中、
毎日会社が爆発する妄想していたら、
いつの間にか辞めていた。(会社が爆発したわけじゃない)

普通を避けるように生きている為か、
普通とは少しズレている可能性のある男。
行動指針はよりおもしろい方へ。つまらないことが何よりも嫌い。

日本をもう少しだけおもしろくするために、
普通をぶち壊していける人を増やしたいと思っている。
自分の納得できる人生を生きるため、日々考え、活動を続ける。
よろしければtwitterをフォローしてね!!
@tyoioreさんをフォロー

ナオトの公式無料メルマガ

ちょっと、共有していかない?

今回の記事はどうでしたか?もしよろしければ、
下のボタンから友達とかと共有して、話題のサンドバッグにしてみてね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ