1冊の本を読み返す重要性。読めば読むほど味が出るぜ!


21nekohon

お疲れ様です。ナオトです。


以前にも言った通り、僕はブックオフで
本を買って読むことが多いのですが、
参考:【ブックオフの賢い?使い方。僕は本をこう買っている。
買った本を読んでいて、
気付いたことがあったので、
それについて書こうかなと。

今回は、

僕流の本の読み方

ということについてお話していきます。


冒頭にある通り、
僕はブックオフで本を買っています。


つまり、中古の本を買って読んでいるわけです。


その本たちの中には、
文の途中で、空白のスペースが出てきて、
何かを書き込むように指示してくるものがありますが、



僕がブックオフで買った本の中で、
ちゃんとそこに書き込んであるものは
一つもありませんでした。


っていうのは、


ブックオフ自体が、書き込みがしてある本や、
状態が悪い本は買い取ってないだけでなので、
別にそこに何も問題はないわけですが、


でも僕が思うのは、やっぱり、多くの人は、
本を買って読むところまでいいのですが、


その先がないのではないか?


ってことです。


本にこうしてね。ああしてね。って書いてあっても、


ふ~ん。で終わっちゃう。
いいこと聞いたな~みたいな。


一回読んで満足しちゃってる状態ですね。



つまり、その本の力を生かせていない。
ってことです。



最後には、ブックオフで売っちゃう。



だからこそ、ブックオフというビジネスモデルが
成り立ってるのだと思いますが、


個人的にもったいなぁ~と感じますね。


何か本を買ったとして、


この本の内容はどこで生かせるのかな~


って考えながら、読むことで、、
初めてその本は役目を果たしていると僕は考えます。



中には、ただ自分を奮い立たせたいだけ
っていう人もいるかも知れませんから、
あくまでも個人的な意見ですけどね。



そして、もう一つ大事なのが、

何度も読み返す

ってことですね。



よっぽどな天才でない限り、
本を一回読んで、全てを理解するなんて不可能ですよね。



いつもいつも同じコンディションで
読んでいるわけではないので、
当然、思考もバラつきがあるわけですから、


2、3回読んで、

 あっ!って気付くことがたくさんあるし、


同じ知識を反復することで、
より記憶が強固なものととなります。



だからこそ、1回読んで満足するのは、
もったいないのです。


するめみたいなもんなんですよ。


本は。


するめは一回噛んでも、そんなに味を出してこないですが、

こう、何回も噛むことで、
するめも心を開いてくれますよね。

じわぁ~。みたいな。



それと同じで、本も一回読んでも、


ただ勉強させたように錯覚させるだけですが、
何回も読むことで、本がデレてくれて、


実はこういうことなんですよ~。

って、新しい発見をくれます。


と、この部分だけ見ると、
少し頭イッちゃってる人みたいですが、


比喩ですからね?比喩。 
(まぁ少々人より飛んでるとこはありますが。)


話しがずれましたが、
結局、本を買ったなら、


1.内容がどこで役に立つか考えながら読む
2.読み返す


ことをすることで、

本を読む効果倍増だぜ!

ってことを言いたかったのです。

スポンサーリンク

この記事を生み出してしまった人

ナオトノーマルキャンセラー
高卒で鹿児島から上京。東京の会社に就職するが通勤中、
毎日会社が爆発する妄想していたら、
いつの間にか辞めていた。(会社が爆発したわけじゃない)

普通を避けるように生きている為か、
普通とは少しズレている可能性のある男。
行動指針はよりおもしろい方へ。つまらないことが何よりも嫌い。

日本をもう少しだけおもしろくするために、
普通をぶち壊していける人を増やしたいと思っている。
自分の納得できる人生を生きるため、日々考え、活動を続ける。
よろしければtwitterをフォローしてね!!
@tyoioreさんをフォロー

ナオトの公式無料メルマガ

ちょっと、共有していかない?

今回の記事はどうでしたか?もしよろしければ、
下のボタンから友達とかと共有して、話題のサンドバッグにしてみてね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ