5億年ボタン押す?押さない?そこから学べるもの


100man
【ちょっとしたホラー?要素を含みます。苦手な人はお帰りください。】

お疲れ様です。ナオトです。


いきなりですが、


5億年ボタンって話は
聞いたことありますでしょうか。


割とネットでも話題になるものなので、
知っている方も多いと思いますが、


知らない方はこちらからみれます。



聞いたことねえって方のために
簡単に説明すると、



ボタンを一回押すだけで、
一瞬で100万円もらえるバイト
あるんですね。


ですが、ボタンを押した人には、
ちょっとした電流が脳に流れて、


その瞬間に、精神だけが、
何もない空間に移されます。


その空間で“5億年過ごす”ことになります。


そして、その空間では、

・死ぬことができない
・眠るなど、意識を失うことができない
・腹が減らない


ので、はっきりとした意識の中で、
なんにもない空間で5億年を
過ごさなければならないのです。


5億年経てば、元の世界に精神が戻ってきて、
それまでの5億年分の記憶は消されます。


だから、本人からしてみれば、
一瞬で100万円をゲットした感覚です。


と、ざっくり概要をお話しましたが、


今回は、

5億年ボタン 押す?押さない?

ということについて書いていこうと思います。


どうでしょう。実際に5億年ボタンなるものが
現実にあったら、あなたは押しますか?
それとも押さないでおきますか?


まぁ言っても、そんなものが存在するはずないのですが、

たかがファンタジーの世界だろ?と一蹴して

話を終わらすのは、少しつまらないですよね。



宝くじで2億円当たったら何買う?と
同じぐらい無駄な質問ですが、
少しだけ考えてみてください。


おそらく、”正常な”感覚をもった人なら、

押さねえよ!って考えると思います。

僕もそうです。 押したくないです。


物語の中に出てくる、

『スネ朗』も最初は ヤバいだろ・・・って考えているわけです。


ですが、ここで問題なのが、
“異常な”感覚を持った人が目の前にいた場合なのです。


物語の中における『ジャイ太』の存在です。

話の中でも、彼は 

バイト中に店長の肋骨をレンガで折って、
バイトをクビになってますが、


そんだけで辞めさせるか? とか
言っちゃうぐらいのマジキチ具合です。


そんな”異常な”感覚をもっているため、
彼はためらないもなく、5億年ボタンを押します。


そして、一瞬で100万円ゲットしてしまいます。


当然、周りから見ても、
一瞬で100万円ゲットしているように、見えるわけですから、


スネ朗にとっても例外ではないですよね。


スネ朗はジャイ太に どんな感じだった?と聞きますが、


ジャイ太は5億年過ごしたあとに、
その分の記憶を消されてますから、


ただ、ボタン押しただけだけど。 と答えるわけです。


それを聞いた瞬間にスネ朗は 

ずりー!おれにもやらせてくれよ!

“押さない”から、”押す”という選択をしてしまいます。


そして、そこからスネ朗の途方もない
5億年がスタートします。


ここでもう一つ注目したいのが、

スネ朗の5億年が始まったときのセリフです。

「やっべッ やっぱこうなるのかよ・・・」


ジャイ太が自分の目の前で実際に100万円を手に入れるまでは、
“押さない”ということを選択していたので、


もちろん、5億年という期間がとんでもなくヤバい。


ということを認識していることになりますね。


ですが、ジャイ太が簡単に100万円を獲得してしまったことで、
その5億年に対する意識が麻痺してしまったんですね。


で、結局、スネ朗はボタンを押してしまった。

「やっべッ やっぱこうなるのかよ・・・」

そして再認識。


普通は押さない。ここまではいいです。
ですが、あなたの親しい人が目の前でポチって押して、

やったー!100万円ゲットー!って見せつけられても

あなたは押さない自信はありますでしょうか。


おそらく、スネ朗と同じようなことを
聞いてしまうかもしれませんね。


僕も目の前でそんなことをされたら、
揺らがないとは言い切れないです。


このことから、何が学べるのかって話ですが、


物事には必ず“表と裏”があり、
僕たちは、あまりにも、
“表”の面だけしか見れていないということです。


今回の5億年ボタンでいえば、

スネ朗にとって、

表の出来事は、


“ジャイ太が一瞬で100万円をゲットした”

という部分で、


そして、裏の出来事、
つまり、あまり直視されていない出来事が、
 

“ジャイ太は5億年の期間を一人で何もない空間で過ごした”


という部分に当たります。


スネ朗で言えば、表の部分に振りまわされ、
結局、5億年を過ごす羽目になってしまいました。


もちろんこれは5億年ボタンに限った話ではなく、
現実世界のありとあらゆる話に共通します。


と、ここを広げても、どんどん話がぶっ飛んでいくので、
また別でお話したいと思いますが、


まぁ最初の話では、

押すか?押さないか? でしたね。


この手の話は、究極、人それぞれだよね。
ということになってしまいますが、

押したら、必ず後悔する。

という部分は変わらないと思います。


なんもないところで、ひとりでずっと。


考えただけでゾっとします。
僕としては、1日でも辛いです。


仕事で、数時間ぐらい待つ。ということがありましたが、

そこで僕が思ったのが、

なんもしないってこんな辛いのか!
警備員ってヤバいな。


ってことでした。


警備員は、立ってるだけで、


一見楽そうですが、立つこと意外何もできないので、
見た目以上にかなり負担があります。


警備員は、まだ、外とかで、景色があるからいいですが、
5億年ボタンの場合、なにもない場所ですからね。無ですよ。無。


そう考えると、押すなんて、やっぱりありえないですね。


あと、本作では、触れられていませんが、


脳に電流を与えていますから、
何か影響はないとは言い切れないですよね。


そして、1回目はうまくいったとしても、
2回目以降で、ボタンの不具合とかでて、

現実の体は植物人間状態になって、
一生その空間に閉じ込めらるリスクが
ないこともないと思うんですよ。


だから、やっぱり押さない。


で、もうひとつ恐ろしい点があって、

この話の最後には、スネ朗が調子に乗って、
16連打をしてしまうオチが待っているわけですが、


実際には一瞬で100万円を手に入れているような感覚ですから、
このように中毒に近い状態になる可能性も
秘めてるということですね。



さっきも言ったように、何回もやっているうちに、
ボタンが変にぶっ壊れる可能性も否めないですし、
やっていくうちに、脳に異常がでないとも言い切れませんよね。



なんか麻薬に近いものがありますね。。。



5億年ボタン。ダメゼッタイ。なんつって。


とまぁ僕はこんな感じで押さないです。


さて、あなたの目の前に押したら、
一瞬で100万円がでるボタンがあったら押しますか?

スポンサーリンク

この記事を生み出してしまった人

ナオトノーマルキャンセラー
高卒で鹿児島から上京。東京の会社に就職するが通勤中、
毎日会社が爆発する妄想していたら、
いつの間にか辞めていた。(会社が爆発したわけじゃない)

普通を避けるように生きている為か、
普通とは少しズレている可能性のある男。
行動指針はよりおもしろい方へ。つまらないことが何よりも嫌い。

日本をもう少しだけおもしろくするために、
普通をぶち壊していける人を増やしたいと思っている。
自分の納得できる人生を生きるため、日々考え、活動を続ける。
よろしければtwitterをフォローしてね!!
@tyoioreさんをフォロー

ナオトの公式無料メルマガ

ちょっと、共有していかない?

今回の記事はどうでしたか?もしよろしければ、
下のボタンから友達とかと共有して、話題のサンドバッグにしてみてね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ