ピンチはチャンス!勝ち取れ!ロングバケーション!【俺ストーリー番外編】

スポンサーリンク


a066a609

お疲れ様です。ナオトです。


僕が入院した話は知っていますか?
知らない!っていう方は


こちらをみてくださいね!
参考:【貧弱!?人生で初の救急車と入院を経験した話


“ピンチはチャンス”って言葉ですが、
一度は聞いたことはあるのではないでしょうか。
僕は、入院した時にそれを意識しました。
今回はそのことについてご紹介したいと思います。


前回記事をみて分かるとおり、
僕は仕事があるにも関わらず、入院しました。


しかも理由が理由なんで、まぁピンチですよ。


普通の人なら、どうしよう・・・っていう状況。
ですが、僕はこの状況をチャンスだと思いました。


何故なら、会社は本当の理由を知らない。
僕は思いました。


あれ?これ会社サボれんじゃね?


サボる事に関しては、超一流。
僕の右に出るものはいない。


3日入院して、ほぼ完治した僕だったが、
気分的にもうちょっとゆっくりしたい。
有給もろくにとれないし。


課長から電話があった。

課長「大丈夫か?で、いつから会社これるんだ?」

僕「ああ~そうですねぇ。」

 「なんか一ヵ月は安静にしとかないとだめらしいです。(適当)」

課長「1ヶ月!?ほんとにそんなに必要なのか?」
 

僕「そうですよね。さすがに長いですよね。」

 「でも再発したらヤバいんで、とりあえず2週間休みください。」


課長「そ、そうか。お大事にな。」

ただ2週間休みたいです!

って言えば、なげえよ!馬鹿!と言われるのがオチだが、


先に、

ほんとは1ヶ月休みが必要なんです~

みたいな雰囲気をだすことで、
それより短い2週間でいいって言っている僕自体も
仕事のやる気があることをアピールしつつ、
2週間という期間は短いと思わせることができる。



ちなみにこれは、

ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック という

交渉術に近いもので、
先に、断られる前提でハードルの高い要求をして、
断わられたあとに、

本命のハードルの低い要求をすることで、
最終的に、それなら・・・みたいな感じで、
自分の要求を通すという、やり方です。


例えば、気になる女性がいたとして、
ご飯に誘うときに、成功率をあげたいのなら、

いきなり、

「すいません!結婚してください!」

と言って、当然相手は断ってくるでしょうから、

「じゃあ、今度ご飯一緒に行ってください!」

と言って、相手に、
結婚はきついけど、ご飯ぐらいなら・・・と思わせて、
ご飯の約束をするような感じです。


う~ん。我ながら完璧な作戦。


こうして、僕は2週間のロングバケーションを勝ち取りました。


もちろん医者に診断書を書いてもらうことを忘れない。



自宅療養という形になったが、ほぼ健康体である。
友達がいる大阪に遊びに行ったりした。


いやあ~楽しかった。マジ、入院に感謝。


このように、一見ピンチだが、
よくよく考えると、チャンス!ってことがあります。


やばい状況になっときは、
その状況をなにかに生かせるかを考えた時、
状況を一変するようなチャンスを生み出せる可能性があります。


あなたもピンチになったときは、
どうしよう~って焦るのではなく、

これは、何かに生かせないか?

と考えてみて、チャンスを生み出していきましょう!

スポンサーリンク

この記事を生み出してしまった人

ナオトノーマルキャンセラー
高卒で鹿児島から上京。東京の会社に就職するが通勤中、
毎日会社が爆発する妄想していたら、
いつの間にか辞めていた。(会社が爆発したわけじゃない)

普通を避けるように生きている為か、
普通とは少しズレている可能性のある男。
行動指針はよりおもしろい方へ。つまらないことが何よりも嫌い。

日本をもう少しだけおもしろくするために、
普通をぶち壊していける人を増やしたいと思っている。
自分の納得できる人生を生きるため、日々考え、活動を続ける。
よろしければtwitterをフォローしてね!!
@tyoioreさんをフォロー

ナオトの公式無料メルマガ

ちょっと、共有していかない?

今回の記事はどうでしたか?もしよろしければ、
下のボタンから友達とかと共有して、話題のサンドバッグにしてみてね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ