“本当の友達”ってなんだろう。そんな薄っぺらい関係で大丈夫なのか。

スポンサーリンク

036

僕のブログでも度々登場している、
最近できた友達。彼は元美容師でかなり前衛的だ。


彼は誰にでもぐいぐい行く。
そりゃあ、もうガンガン行く。


元々美容師をやっていたからなのか、
それとも天性の人当たりの良さからなのか、
初対面の人にどんどん突っ込んでいきます。


たまに、僕だったら絶対話しかけないような、
パンチがきいている見た目の人にも
どんどん話しかけます。
(隣にいてたまにヒヤっとします。)


同じ歳ではありますが、
僕とは正反対だなぁとしみじみ感じます。



今回は、彼と会話をしていくうちに、
“友達”について考えさせられたので、
そのことについて、書いていこうと思います。


以前、彼とご飯に行く機会があったので、
そこで彼に質問してみました。

僕「そういえば、君、誰にでもぐいぐい話しかけるよね?」

彼「え?そう?」

僕「うん。そう。少なくとも俺はできない。」
 
 「すごいよ君。」

彼「少しでも友達増やしたいじゃん?

僕「は?」

彼「だって、みんなでわいわいしたいじゃん。


うん。そっか。勝手にやってくれ。

その“わいわい”に僕を巻き込まなければね。


過去の記事で、書いたように、
やっぱり人それぞれ価値観が違います。
参考記事:【お前の価値観、俺の価値観、どう考えても違う。だから理解する。


彼はただ単にみんなで集まって、
“わいわい”できたら楽しいらしいですが、

僕は決してそうではなく、集まったとしても、
そこで行われる会話がスカスカであったり、
どこか、一歩踏み込まず、無難に終わるような集まりは、
まったく楽しいと感じないです。
参考記事:【つまらない会話、原因を突き止め、楽しくするため対処法を考える。



彼は友達を増やしたいと言っていましたが、
僕はそこに少し疑問に抱きました。


おそらく人それぞれ、友達の定義は違うと思いますが、
彼の中で、ちょっと話したら友達とかなってそうです。


下手したら、話しかけて、10分ぐらい話したら、
友達なんでしょう。彼の中では。

僕からしたら、それは“ちょっとした知り合い”です。


このように、そういう人が友達だと思っても、
相手から友達だと思われていない可能性があります。

別に友達を増やすために、どんどん話しかけるのはいいですが、
ひとりひとりとちゃんと向き合っているか?
となると多分そうではないと思います。


僕は僕みたいな人間をいることを知っているので、
無闇やたらに話しかけることはしないし、
仲良くなりたい!と思ったら、

ちゃんとその人と向き合って、じっくり仲良くなっていきます。


というか自分と波長があう人って
なんか感覚で分かる気がするんですよね。


あっ!この人合いそう!みたいな。


本当の友達ってなんだろうって考えた時に、
僕はやっぱり腹の底を見せているかどうかだと思います。


素でぶつかり合えるかどうか。 が分かれ目ですね。


だとしたら、最近できた友達の彼は、
僕の”本当の友達”ではないことになってしまいますね。


でも、実際、本当の友達か?と聞かれたら、
首をかしげてしまうレベルなので、
所詮、そこまでの関係なのでしょう。


だって、やっぱり何年も付き合いある友人と
比べたら、段違いで違いますね。
気を使わないし、話題が合うし。


この前なんか十数年の付き合いの友達に
ラインでちょっと通話しよう と言われて、
最初は10分ぐらいで終わらす予定だったのに、
結局2時間ぐらいやってしまいまいました。


しかもその内容がプリパラ(テレ東10時からのアニメ)
についてしか話してないのです。


このように、お互いに理解していると、
くだらないことでもずっと話していられます。


人は合う合わないありますから、
別に友達が多いからいいっていうわけではなく、、
少なくても、どれだけ関係を深めらるか だと思います。


自分と今やりとりしているその友達は
本当に信頼できる仲間なのか?


というところですね。


僕には、たくさん友達がいるわけではないですが、(むしろ少ない)
でも、それだけ深い関係の友達が数人います。
それで十分です。


誰にでも隔たりなく、ガンガン話しかけられる
彼は本当にすごいと思いますが、
やっぱり僕は僕のままでいいです。


PS.

もうひとつ気になることがあったので、
彼に聞いてみた。

僕「そんなにガンガン誰にでもいけるんだったら
  ナンパとか余裕なんじゃない?」

彼「いや、ナンパは無理」

僕「え?なんで?」

彼「え、だってなんか下心みえみえで気持ち悪いじゃん。」

なにが違うんだ。

いや、よくわかんないんだけど、
とりあえず、ナンパしてる人に
謝っといたほうがいい気がした。

彼のかわりに謝っときます。ごめんなさい。

(終わり)

ナオトと一緒にこっそり進化できるメルマガこちら

スポンサーリンク

この記事を生み出してしまった人

ナオトノーマルキャンセラー
高卒で鹿児島から上京。東京の会社に就職するが通勤中、
毎日会社が爆発する妄想していたら、
いつの間にか辞めていた。(会社が爆発したわけじゃない)

普通を避けるように生きている為か、
普通とは少しズレている可能性のある男。
行動指針はよりおもしろい方へ。つまらないことが何よりも嫌い。

日本をもう少しだけおもしろくするために、
普通をぶち壊していける人を増やしたいと思っている。
自分の納得できる人生を生きるため、日々考え、活動を続ける。
よろしければtwitterをフォローしてね!!
@tyoioreさんをフォロー

ナオトの公式無料メルマガ

ちょっと、共有していかない?

今回の記事はどうでしたか?もしよろしければ、
下のボタンから友達とかと共有して、話題のサンドバッグにしてみてね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ