中途退職者よ、確定申告で迷っている暇があったら税務署に行きなさい


tax1

僕は会社を辞めた身ですが、
多分、会社を辞めた人はみんな気になると思うのが、


確定申告。 


会社に勤めていれば、会社が勝手にやってくるので、
気にも止めなかったと思いますが、


いざ、会社を辞めると、

やり方がわからねぇ。どうしよう。

となる方も多いのではないでしょうか。


会社を年の途中で辞めた場合ですと、
確定申告すれば、かなり高い確率で税金が戻ってきますので、
中途退職者は絶対にやったほうがいいですよ!


一応、何故なのかを説明すると、
通常、会社にいる頃の税金は、
会社に1年間在籍したと仮定されて、
その分の給料で、計算されています。


もし、年の途中で退職したら、
もらう予定だった給料をもらっていないわけですから、
明らかに税金を払いすぎになっている為ですね。


かくゆう、僕もその内の一人だったのですが、
案外簡単に済ますことができたので、
今回は僕がどうやったのかについて書いていこうと思います。


とは言っても、他のサイトさんで書いてあるような
書類の書き方とか、何とかの計算方法を
めちゃくちゃ詳しく書くわけではありません。
もっとシンプルで、簡単な方法を紹介します。
(超詳しく知りたいんだよ!という方は他のサイトさんを参考にしましょう。)


なので、今回は、会社を年の途中で辞めて、
その後も就職せず、年を越してしまった方向けなので、

フリーランスなどの個人事業主さんとかは
あまり参考にならないと思います。


僕が行った流れはこうです。

必要書類を集める
   ↓
一番近い税務署に行く
   ↓
職員に聞きながら、書類作る
   ↓
印刷したものを管轄の税務署に送る。

(完)

これだけです。

ひとつずつ、申し訳程度に解説していこうと思います。


必要な書類を集める

申告書に記入していくためにも、
まずはそれを証明する書類を集めます。

・給与所得の源泉徴収票
・生命保険料の控除証明書(控除を受ける場合)
・損害保険料の控除証明書(控除を受ける場合)
・国民年金の控除証明書(国民年金を支払った場合)

などありますが、
ほとんどは勝手に家に届いているはずなので、
引っ張りだしましょう。

会社から源泉徴収票がきていなければ、
元々いた会社に請求できます。


僕はこんな感じで、
大事な書類系はひとまとめにしておいたので、
なんなく見つかりました。

IMG_1269[1]

一番近い税務署に行く

必要書類を持って、最寄りの税務署まで行きます。

税務署どこあんの?って方は
国税庁のホームページから調べられます。

国税局・税務署を調べる|国税庁概要・採用|国税庁


ちなみに僕は池袋の税務署に行きました。

スポンサーリンク

職員に聞きながら、申告書を作る

税務署に行けば、必ず、確定申告コーナーなるものが
設けられているはずですから、あとは、案内に従うのみです。


僕が行ったときは、かなり人が多かったですね。
この時期(3月)ですと確実に並びますね。


他の税務署がどんなシステムになっているかは
分からないですが、僕が今回行った、池袋の税務署は、

特定の場所に並ぶ
      ↓
係りの人が1人1人案内していく
      ↓
指示に従って、書類を作っていく


みたいな感じでした。
職員が行列を一人一人捌いていく様は
なかなか大変そうでした。


申告書は手書きで書くと思いきや、
ノートパソコンが何台も用意してあり、
数字を入力するだけで作成できるようになっていました。


わからないところは、聞くか、その場でぼーっとしてたら、
見かねた職員が助けてくれるので、楽勝です。


ちなみに僕が今回使った書類は、
・源泉徴収票
・生命保険料の控除証明書

のみでした。

印刷したものを管轄の税務署に送る。

パソコンでの入力が終わると、印刷コーナーに並ばされて、
印刷した申告書を受け取ることができます。

控えもゲットできます。

確定申告
すげえ!ほんとにできてる!なんか感激。


一応、税務署は管轄があるので、作成した申告書は、
自分が住んでいる地域の管轄に提出しないといけないのです。


申告書自体は、管轄外の税務署でも作成可能です。


僕は一応住所は新宿区なので、作成した申告書は
新宿の税務署に提出する必要があります。


最初は、

はぁ、新宿かぁ、行くのめんどくさいなぁ。

と思っていましたが、
どうやら、郵送でも良いみたいですね。


こんな感じで、封筒に入れて送りました。

IMG_1267


これで、僕の確定申告は終了です。

まとめ

今回、僕は初めて確定申告なるものをやってみたわけですが、
案外、あっさり終わって拍子抜けって感じでした。
(税務署に行って、1時間ぐらいで終わったと思います。)


最初、確定申告やろうと思ったとき、


申告書とか、自分で書かないといけないんだろうなぁ

とか考えて、いろいろ調べていたのですが、
どこを見ても、なんだか難しく、理解できませんでした。


結局、

もう税務署行って、聞いた方が早くね? という結論に至って、

必要書類だけ持って、税務署に突っ込んで行ったのですが、
やっぱりその判断は正しかったなと感じます。


わからないことはその道のプロに聞くのが一番早いです


一応、何時間か調べましたが、
その時間無駄だったな。と感じるぐらいでした。


なので、僕みたいに会社を中途退職して、就職しなかった人は、
確定申告をどうしようか迷っている暇があったら、


さっさと必要書類だけ持って、税務署に突撃するべき です。


それが一番の近道だと、僕は思います。

スポンサーリンク

この記事を生み出してしまった人

ナオトノーマルキャンセラー
高卒で鹿児島から上京。東京の会社に就職するが通勤中、
毎日会社が爆発する妄想していたら、
いつの間にか辞めていた。(会社が爆発したわけじゃない)

普通を避けるように生きている為か、
普通とは少しズレている可能性のある男。
行動指針はよりおもしろい方へ。つまらないことが何よりも嫌い。

日本をもう少しだけおもしろくするために、
普通をぶち壊していける人を増やしたいと思っている。
自分の納得できる人生を生きるため、日々考え、活動を続ける。
よろしければtwitterをフォローしてね!!
@tyoioreさんをフォロー

ナオトの公式無料メルマガ

ちょっと、共有していかない?

今回の記事はどうでしたか?もしよろしければ、
下のボタンから友達とかと共有して、話題のサンドバッグにしてみてね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ