日高屋に餃子を食べに行ったけど、よく考えたら、損していると思った。

3060-101118004549

僕は、定食屋の大戸屋が”超”が付くほど好きです。
自分の誕生日の夕食に選ぶぐらいには。
参考:【俺22歳。ナオトは静かに歳を取る。誕生日は大戸屋で。


なんで好きなのかっていうと、
やっぱり他の定食屋と比べて、
大戸屋ってこだわりがすごいと思うんですよ。


空間、味、盛り付け、サービス。


どれをとっても、その辺のチェーン店より
頭ひとつ抜けている感じがしますね。


この前、

あ、餃子くいてぇ。

と唐突に思ったので、
なんとなく、日高屋に突撃してみたのですが、


僕が頼んだのは、W餃子定食(620円)。
15

いろいろ言いたいことはある。
だけどまず最初に言わないといけないことがある。


率直に言おう。


あんまおいしくねえ。

ちょっと写真撮り忘れて、
見せられないのが残念なんですが、
そんとき食べた、餃子、


微妙に黄色いんですよ。皮が。


あれぇ?前回食べた時は
もうちょっと白よりの色だったんだけどなぁ。。


頼んだ毎に見た目にバラつきがあるのは嫌ですね。
なんだ、今日ハズレかよ!みたいな。


そこは、毎回安定したクオリティを
見せつける大戸屋を見習ってほしい。
ていうかそこだけじゃなく、全般を見習ってほしい。


でも、餃子は実際に焼いているし、
バイトによっても技術の差がでやすいので
しょうがないのかもしれませんが、
だからって、妥協していい理由にはならない。

と思う。。。


よし、この際だからどんどんいこうか。

1人で来たんで、カウンター席に案内されるの分かる。

しかし、なんだ。。。
カウンター席が狭い。


椅子が固定されているため、なんか窮屈だ。


最初こんな感じで席が空いていたので、
●⇒人いる  ○⇒空席

●○○○●

僕はこう座ったんですよ。

●○僕○●


まぁわかりますよね・・・?これ?
いかにも日本人らしいというか、
これは万国共通なんですかね?


そしたらですよ、
僕が座って3分後に新しいお客さんきて、
こうなったんです。

●●僕●●


ウワァアァァァアアア!


せめぇええええぇえ!
ダレカタスケテエェェ!


席の間隔がえげつない。マジ窮屈。
隣に結構ガタイがいい男がきてしまったために
尚更狭さを実感させられました。


そして、テーブル隅の黒ずみ、
なんかべとべとしてる醤油などの調味料。
全体的に手入れが雑。


この居心地の悪さが
店の回転率を上げてるんだね!すごいね!


う~ん。決めた!
僕、1人では日高屋に行かないことを決めたよ!


と悪態をつきまくったところで、
さすがに日高屋ファンの人に
怒られそうな気がしないでもないので、


いいとこも挙げときますかね。


僕が思ったいいところ。。。

それは、、、



ボリュームがすごい。



以上。


夜の7時ぐらいに食べたのに、12時周っても、
普通に満腹感が続くという。(もたれてるだけ?)


大盛りご飯頼んだのに、ペース配分をミスり、
ご飯が全部なくなっても、餃子が4個も余る
という大失態を犯してしまいました。


っしかし、餃子12個はヤバいっすね。
プラスから揚げ2個だからねぇ。


久々にあんなに食べましたよ。
部活終わった後の高二か!っていうぐらいにね。


質より量じゃ!っていう学生にはもってこいですね。


と、いろいろ枝葉末節に話してきましたが、
結局何が言いたいんだ?ってところですよね。


結論から言うと、


やっぱ大戸屋行けばよかったな~ です。


僕が今回行った日高屋は池袋なんですが、
池袋には大戸屋があるんですよ。


では、なぜ日高屋に行ったのかと言うと、

・なんだか無性に餃子が食べたかった
・日高屋のほうが近かった
・ご飯大盛り無料券を持っていた

などの理由があったわけですが、
総合的に考えたら、

大戸屋のほうが良かったのではないか?

と僕は思うのです。


今回、僕は

・腹が減った
・餃子が食べたい

という二つの、
いわゆる生理的欲求を満たそうとして、
日高屋に入りました。


結果的に、

・腹が減った
・餃子が食べたい

の二つの欲求は満たされましたが、それと同時に、

・屈強な男に挟まれる圧迫感
・僕の求める水準以下の味
・ところどころ目立つ汚れ
・餃子のたれがうまく作れない

など、少なからず僕のストレスになったわけです。
欲求を満たすために、日高屋にいったのに、
ストレスが溜まるとはこれいかに。。。


まぁ、僕が以前の記事とかで言っているように、
捉え方次第でどうにでもなることですが、
ここはこだわらせてもらうぜ!
(ほら!そこ!ちっちゃいとか言わない!)


これがもし、大戸屋に行ったと考えるなら、

・屈強な男に挟まれる圧迫感
⇒カウンター席でもそこそこの
 パーソナルスペースは確保できる。(池袋)

・僕の求める水準以下の味
⇒言うまでもなく、超好き。

・ところどころ目立つ汚れ
⇒落ち着いた茶色のテーブルと
 いつも清掃が行き届いている店内(池袋)

・餃子のたれがうまく作れない
⇒いまんとこメニューに餃子はない。
 もし今後、メニューにでてきたとしても、
 餃子にバッチリ合うような絶妙なたれを
 一緒に出してくるに違いない。(希望)


こんな感じで、僕はストレスなく、
優雅(?)に夕食を済ますことができたと考えます。


今回、僕が食べたW餃子定食は620円。
15

そして、僕が大好きな大戸屋の
鶏と野菜の黒酢あん定食は824円。
IMG_0909

その差 204円。

たったこれだけで、僕は

落ち着いた空間とうまい料理

を堪能することができたのに!なんてこった!



行く=ストレスになる

という時点で、もうかなりマイナスですね。
そう考えると、大戸屋は費用対効果が高い!


よっしゃ!大戸屋いこ!


と、ここまで延々と書いてきましたが、
やっぱり食べ物って体に入るものだし、
食べる物自体もそうだし、食べる環境も大事だよ!


ということで、

大戸屋最強。


以上。ありがとうございました。

ナオトと一緒にこっそり進化できるメルマガこちら

スポンサーリンク

この記事を生み出してしまった人

ナオトノーマルキャンセラー
高卒で鹿児島から上京。東京の会社に就職するが通勤中、
毎日会社が爆発する妄想していたら、
いつの間にか辞めていた。(会社が爆発したわけじゃない)

普通を避けるように生きている為か、
普通とは少しズレている可能性のある男。
行動指針はよりおもしろい方へ。つまらないことが何よりも嫌い。

日本をもう少しだけおもしろくするために、
普通をぶち壊していける人を増やしたいと思っている。
自分の納得できる人生を生きるため、日々考え、活動を続ける。
よろしければtwitterをフォローしてね!!
@tyoioreさんをフォロー

ナオトの公式無料メルマガ

ちょっと、共有していかない?

今回の記事はどうでしたか?もしよろしければ、
下のボタンから友達とかと共有して、話題のサンドバッグにしてみてね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ