幸せな人生ってなんだろうか?~僕が思う最強の生き方~


009
お疲れ様です。ナオトです。


いつも通り、唐突に始めていきますが、
あなたにとって、幸せな人生ってなんだと思いますか?


おいしい物を食べること?
好きな人と一緒にいること?
いい車に乗る事?
有名になること?
金持ちになること?


など、いろんな意見が飛び交うと思います。
もちろんどれも否定するつもりはありません。


多分永遠の哲学のテーマだと思いますが、
まぁ人それぞれだよね。と片付けられることが多いでしょう。


僕も考えてみたんですよ。
幸せな人生とは、、、ずばり、、、


いかに脳内で快楽物質をだすか。


だと思うんですよ。

そもそもなんで幸せを感じるのか?
というと、セロトニンだとか、ドーパミンだの
そういう脳が快(幸福感)を感じる物質が
でているからですよね。


で、僕は思うのです。


じゃあ、脳を常時幸せ状態にできたら最強じゃね?


そんなこと言うと、
シンナーとか麻薬とかの薬物を
使ってラリってりゃ幸せな人生なのか?

とか極端な反論が飛んできそうですが、
わざわざ言うまでもなく、薬物を使うのはまず犯罪だし、

使えば、脳に害を及ぼすのは必至ですから、
“常時幸せ状態”には程遠いわけです。


だからこそ、あたりまえですが、
薬物で無理やり出すやり方ではなく、
自ら、脳内物質を出さないといけないのです。


では、具体的にどう出していくの?
という話になってきますよね。


最初に幸せな人生ってなんですか?と質問しましたが、
おそらく各々で何かしら思いついたと思います。

僕は先ほど挙げた例はこんな感じした。

おいしい物を食べること?
好きな人と一緒にいること?
いい車に乗る事?
有名になること?
金持ちになること?


一般的には上記のようなことを達成すれば、
幸せと感じる(と思っている)と考えますよね。


もちろん達成すれば
ドーパミンやら、エンドルフィンやら
脳内に快楽物質が放出されることでしょう。


達成できるなら、達成すればいいと思いますが、
ここで問題になってくるのが、達成できなかった場合です。


都合よく、望んだことが
ぽんぽん起きるのに越したことはないですが、
多くの場合そんなうまいこといかないと思います。


じゃあ、幸せになれないのか?


と言うと、そんなことは全くないです。


僕は幸せな人生を

いかに脳内で快楽物質をだすか。

としているわけですから、
極端な話、自分の望みが叶おうが叶わないが、
通常の日常生活で快楽物質を出しちゃえばこっちのもんです。


まぁ、少なからず、
僕たちは、日常生活でも快楽物質を
出しているんですけど、まだ増やせるってことです。


日本人の場合ですと、
住むところがあるし、食べるものもあるしで、
普通に暮らしていく分には困らないですよね。


つまり、生きていくための欲求は
あたりまえにこなされているわけです。


あたりまえにこなされているということは、
いわゆる、”慣れ”が生じているので、
脳に刺激が渡らないのです。


脳に刺激が渡らないということは、
そう!脳内物質がでない!


だからこそ、
多くの人達は、自分にはあれが足りない、これが足りない。
といった感じに、ないものに意識が向いてしまうので、


自分は恵まれていない・・・とか不幸だ・・・
と思ってしまうのです。


要は、いつも通りの生活で、いかに脳に刺激を与えて、
快楽物質を出すことができるのか。ということですね。


そして、それを解決する、シンプルであり、強力な方法が、
“感謝する”という方法です。


自己啓発本なんかで、よく目にする“感謝する”ということ。
日常に少しでも読書を取り入れている方は、
またかよ。と思うかもしれませんが、


僕も思ってます。
俺も結局書いちゃうのかよ・・・。とね。


ただ、みんながそう言っているから~
ということでは決してなく、僕が実際にやってみて、
マジに重要じゃねーか!と思っているので書くのです。


僕が実際にやっているのは、

いつもの日常に無駄に感動したり、感謝する。

それだけで、
え?どうした!?と脳がびっくりするのか、
まんまとドーパミンを出してくれます。

例えば、

コンビニっていつでも欲しいもの買えるし
マジすごいよな!ありがてぇ~

ドーパミンどばぁ~

(何気ないいつもの食事に対して)
こうやって目をつぶってちゃんと味わってみると、
すげえうまいな!ありがてぇ~

ドーパミンどばばぁ~


こんな感じで、ないのものではなく、あるものに目を向け、
そこに感謝することで、現状で自分は満たされていることを
実感し、脳内物質を出すことができるのです。


ここまで書くと、

夢や目標や望みを叶えなくてもいいよね。

みたいな弱腰負け組論みたいに聞こえるかもしれないですね。
残念ながら僕の話はまだ終わりません。
大事なのはここからです。


現状に満足し、ドーパミンなどの
快楽物質を出すことができれば、
幸せを感じることができます。


ドーパミンは免疫力があがることもわかっています。
幸せを感じることで、病気にもなりにくくなり、
日々をよりエネルギッシュに生きることができます。


不健康じゃいい発想もできないし、
感動もしにくいですよね。


エネルギッシュであれば、
結果的に目標や夢も達成しやすくなるという
プラスの循環を起こすことができるのです。


なので、今回僕が言っているのは、


俺はすでに幸せだからもういいよ。

という日本人らしい謙虚な姿勢ではなく、

俺は確かに幸せだ。何だったら今の状態でもいい。
でもまだ先にいけるから行く。

こういった、あくまでも土台を強固にするという
イメージで僕はお話しているのです。


そうすれば、ああしなきゃ、こうしなきゃ、
みたいな強迫観念ではなく、

次はこれをやりたいなぁ。よしやろう!みたいな
ナチュラルな状態で目標や夢に向かっていけますよね。


もし、仮にその目標や夢が達成されなくても、
土台がしっかりできていれば、
ダメージが少なく、また挑戦できるし、
幸福を感じることができますよね。


いかなる状況でも、
脳内で快楽物質をだすことができれば、
どちらに転んでも幸せ。ゆえに最強。


これが僕の思う最強の生き方です。


PS.書き足りない部分があると思いますので、
細かいところは追々書いていきます。

スポンサーリンク

この記事を生み出してしまった人

ナオトノーマルキャンセラー
高卒で鹿児島から上京。東京の会社に就職するが通勤中、
毎日会社が爆発する妄想していたら、
いつの間にか辞めていた。(会社が爆発したわけじゃない)

普通を避けるように生きている為か、
普通とは少しズレている可能性のある男。
行動指針はよりおもしろい方へ。つまらないことが何よりも嫌い。

日本をもう少しだけおもしろくするために、
普通をぶち壊していける人を増やしたいと思っている。
自分の納得できる人生を生きるため、日々考え、活動を続ける。
よろしければtwitterをフォローしてね!!
@tyoioreさんをフォロー

ナオトの公式無料メルマガ

ちょっと、共有していかない?

今回の記事はどうでしたか?もしよろしければ、
下のボタンから友達とかと共有して、話題のサンドバッグにしてみてね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ