裁判の傍聴で学ぶ、自分の価値観のせいで不幸になる人々


saiban_small
お疲れ様です。ナオトです。


最近、時間あるときに裁判の傍聴に行っているのですが、
いろいろ学びがあっておもしろいですね。


よくテレビのドラマなんかで、
裁判のシーンとかでてきますが、
ほぼそれと同じような感じですね。


被告人が手錠をされて、警察官に挟まれながら、
法廷に出てくるところを初めてみたときは
すこし感動を覚えました。


あ~あれが本物の手錠か~。


みたいな。


今日も暇だったので、午後から桜田門に行って、
ちょろっと裁判の傍聴をしてきたので、
今回はそこで思ったことでもお伝えしようかと思います。


僕が今回傍聴した裁判は、
ある傷害事件の裁判だったのですが、
そこでの内容が、


30代の被告人が、地下鉄に乗っているときに、
向かい側に乗った人を殴って、全治1ヶ月の怪我を
負わせたので、相手側に訴えられた


というものでした。
検察から事件の状況や、被告人の供述などが
最初に説明されて、その中に、


被告人が相手を殴った理由があったのですが、
僕はそれを聞いて正直ビビりました。


なんだと思いますか?
久々のナオトクイズです。
さて、5秒間ぐらい考えてみてください。



・・・・・




・・・・


・・・


・・







はい、正解は、


相手がこっちを見てきたから。



え?と思いますよね。
言い方を変えると、“ガンつけてきたから”
ということになるんでしょうかね。



僕はこれを聞いたとき、

中高生のヤンキーかよ。

と思いましたね。ていうか今の時代、
ヤンキーもそんなことしないじゃないでしょうか。
まぁ知らないですけど。


しかもその被告人30代ですからね。
だいぶいい大人ですよ。

多分、10代の頃ヤンチャしていました~

みたいな人だったんでしょうね。


もう少し詳しく理由を話すと、、


こっちをチラチラ見てきて、舐められてると思ったから、
“こいつボコボコにしてやる。”と決意したそうです。


やっぱり、そういう思考回路を持った人がまだいるんだ~

とちょっと怖くなりましたね。
それと同時に、

地下鉄で男と目合わすのやめよ。

と割と真剣に思いましたもん。
裁判は途中で、被告人に尋問するという
質問責めコーナーがあるので、その中に、


あなたは今回、事件を起こさないために、
どうすれば良かったと思いますか?


という質問をされて、

ちゃんと話をして、なんで見ているんですか?
と聞けばよかったです。


と被告人は答えていたのですが、僕は、

いやいや!そこは、

見られても、気にせず無視する。

でいいじゃん!


なんでわざわざ揉めるきっかけを作りにいくんだよ!
なんなの?戦闘民族なの!?


と心の中で全力でツッコんでおきました。


赤の他人を殴ってしまったというのは
確かに問題ですが、それは事実であって、
問題の本質は、そこではないと思います。


本当の問題であり、変えるべきなのは、

相手がこっちを見ているから、舐められている。
ムカつく。よし、攻撃しよう。

と判断してしまう“ギラついた価値観”そのもの
だと僕は考えています。


実はこの被告人、過去2回も傷害事件を起こしていて、
今回の事件で3回目だったそうです。


多分過去2回もその場では、
それなりに反省はしたと思うんですよ。

でも、今回3回目をやってしまった。


これも、思考回路と言うか、
価値観を変えていないからこそ
起きてしまった理由ではないでしょうか。


なので、本人には悪いですが、

多分この人またやるだろうな・・・

となんとなく思ってしまいました。

だって、態度もなんか、気だるそうな感じで、
とても、本当に反省しているような雰囲気を
感じ取ることができませんでした。


裁判官や検察官からも、
そういった価値観については言及はなかったですし、
被告人も自分の考え方に問題が
あると気付いていないと思います。



別に僕が正しいとか言いたいわけではないのですが、
どう考えてもそっちのほうが得だと思うのです。



結局被告人は相手に75万円という
多額の示談金を払うことになっていましたが、
本来、元々支払う必要のないお金ですよね。
(事件さえ起こさなければ。)


ただ睨まれている(見られている)だけで、
舐められている!よし殴ろう!と判断して、
赤の他人を殴る。


そして、裁判沙汰。


時間もお金も信頼も漏れなく失うわけです。
愚の骨頂以外のなんと呼べばいいんですかね?


今回の事件、被告人は、

他人から睨まれている=舐められている

と判断したわけですが、
舐められたからって何か失うのでしょうか。

別にこっちは気にしなければ実害はないですよね。


そして、仮に被告人が我慢して
相手を殴らなかったとしても、

あ~見られている!ムカつく!


と感じるのであれば、ストレスを感じることになるので、
もうその時点で損していますよね。


過去2回の傷害事件で、被告人が
自分の価値観に問題があると気づいていれば、
今回のことは起きなかったはずだと僕は考えます。


被告人は


赤の他人がチラチラ見ていると、
舐められていると判断する


というつまらない価値観を持っていたからこそ、
多大な損を負うことになってしまったのです。



なので、今回、この被告人に限ったことではなく、
僕たちも多かれ少なかれ、
そういったつまらない価値観に縛られて、
自分を不幸にしている時がありますよね。

例えば、

1人でいることはみじめだから、人とつるんでないと不安。

とかですね。(大学生に多い気がします。)


なので、
たまには自分の価値観を振り返るのも重要かなと
思った今日この頃でした。

スポンサーリンク

この記事を生み出してしまった人

ナオトノーマルキャンセラー
高卒で鹿児島から上京。東京の会社に就職するが通勤中、
毎日会社が爆発する妄想していたら、
いつの間にか辞めていた。(会社が爆発したわけじゃない)

普通を避けるように生きている為か、
普通とは少しズレている可能性のある男。
行動指針はよりおもしろい方へ。つまらないことが何よりも嫌い。

日本をもう少しだけおもしろくするために、
普通をぶち壊していける人を増やしたいと思っている。
自分の納得できる人生を生きるため、日々考え、活動を続ける。
よろしければtwitterをフォローしてね!!
@tyoioreさんをフォロー

ナオトの公式無料メルマガ

ちょっと、共有していかない?

今回の記事はどうでしたか?もしよろしければ、
下のボタンから友達とかと共有して、話題のサンドバッグにしてみてね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ