発想に限界を設けなければ、問題は必ず解決できる。~裁判傍聴にて~

スポンサーリンク


saiban_small
お疲れ様です。ナオトです。


今日も暇を持て余してしまったので、
ふらっと桜田門に行って、
裁判の傍聴をしてきました。


こう何回も通っていると、
だんだん、検察の人や裁判長の顔を
覚えてきて、

(あっ、あの人見たことある。)

ってなりますね。だからって、
別に特典があるわけではないですが。

とまぁ、それはどうでもいいとして、
今回印象に残った裁判は、
とある窃盗の事件でした。


その内容なんですが、

40代の生活保護を受けている男性が、
コンビニで万引きをして、捕まった

というものです。


その万引きをした理由なんですが、


空腹に耐えられず、やってしまったと。


生活保護を受けているのに、
空腹だと・・・?


と思いますよね。


その男性は、生活費として、8万円、
住宅補助として、5万円で、計13万円
毎月3日にもらっていたそうです。


そして、生活保護費を受け取った数日後に、
手持ちの2万円ちょいを
全て落としてしまったらしいのです。


次の需給日まで、20日ぐらいあって、
とりあえず少しは我慢したのでしょうが、


結局、空腹に耐えられず、
万引きしてしまったそうです。


驚くのはここからで、
その男性はコンビニで万引きを
しようと計画したわけですが、


盗ろうとした品数が


28品。


いや、盗りすぎだろ!
どこの主婦のまとめ買いだよ。。。


こんなこと言うのもあれですけど、
僕の万引きのイメージって、


パンとかジュースとかちょこっとしたものを
カバンとか服の中に入れて、さっと店を出る
みたいな感じですね。
(やっちゃダメよ!)


しかも、被告人は、品物をカゴに入れたまま
逃走を計ろうとしたらしいのです。


どこまでも、アグレッシブだな!この人!
あんま言いたかないけど、

もっと頑張れよ!

って感じですね。まぁ、冗談ですが。


どうやら、被告人は過去にも
万引きをしたことがあるらしく、
そのときはカゴに入れたまま成功したそうです。


そのときに成功したコンビニだったので、
だから今回もイケると思ったのでしょう。


甘いよ。。。
ていうか、よく1回目成功したな。
そこに驚きです。



そもそもとして、あたりまえですが、
お金がなくなったからと言って、
万引きしていい理由にはなりませんよね。


生活保護を落とした。
   ↓
やべぇ、腹減った万引きをしよう。


なかなか、飛躍した発想です。


お金を落としたなら、
まず、生活保護の担当者か役所に
相談すればいいと思いますよね。


その件について、検察から、

なぜ万引きしようと思ったのですか?

と質問を受けてましたが、被告人は、

そのときは空腹で、”相談する”という
考えが浮かばず、必死だった。

といような感じのことを言っていました。
つまり、“空腹で正常な思考ができなかった”
と僕は捉えました。


だからと言って、
万引きは正当化されませんが、

体の状態が思考に影響を及ぼすことは、
僕も頷けます。


あの誰もが知る、太宰治の「走れメロス」の
メロスは街に戻る道中で完全に体力が尽き、

あぁ、頑張ったけど、やっぱ無理っぽい・・・
もういっそ諦めて、悪人になっちゃおうかな。

という、たちの悪い開き直りを見せるぐらいです。


処刑されることも覚悟できるような、
強靭な精神(?)を持っているメロスでさえ、

体が不健康な状態では、
思考がネガティブになってしまいます。
(不健康と言っても、
メロスの場合は度の超えた疲労ですが。)


だとしたら、一般人である僕たちが
不健康になって、ネガティブになるのは、
当然と言っても、過言ではないのです。


つまり、不健康な状態では、
あまりいい思考ができないということです。
できないというより、困難ですね。



ですので、今回の事件は、極度の空腹により、
正常な判断ができなくなったからこそ、
起きてしまったではないかと思います。



しかし、前回も万引きしているので、
ただ単に、今回も余裕でイケんじゃね??
と思っている節は否定できないですけどね。



ですが、今回、わざわざ万引きしなくても、
解決できる方法はいくらでもあると思うのです。


まず、役所などに相談するのもそうですし、
ホームレスだって、万引きしないで
生きていけているんだから、
何かしらの方法があるということですよね。


僕がもし同じ立場だったら・・・?

と考えた時、

全財産を落としてしまって、
食べ物がない!という状況になったら、


まず飲食店を回って、事情を説明して、
日雇いでもいいから、働かしてもらって、
お金もしくは食べ物にありつけるようにしますね。


多分めちゃくちゃ断られるでしょうけど、
何店か回ったらOKしてくれる
ところが絶対でてくるはずなんですよ。


別に求人だしているところしか、
働けないってわけじゃないですものね。


犯罪以外で解決できる方法を
自由に発想したら、いいのです。


考えたら、何かしらでてくる
はずなんですよ。


もしかしたら、知らない人に話しかけるなど
多少ストレスがかかる方法しか
思いつかないとしても、


どう考えても、犯罪を犯すよりかは
マシだと思います。


お金がなくなって、食べ物もなくなって、
明日生きられるかも怪しい・・・
っていう状況になったら、

いやぁ、人の目が・・・なんて

気にしている場合じゃないですよね。


要は、自分で発想に制限をかけなければ、
道は余裕で開けるということを
言いたいのです。


こんなこと言っている僕もそうですが、
僕たち人間は、物事を考えた時に、無意識に

あっ、これ無理だな。

とか少なからず、勝手に制限かけて、
諦めてしまいがちです。


なので、問題にぶつかったときは、
解決する方法が何かしら必ずあるはずなのです。
(犯罪以外で。)


あと、病気をしているときなど、
不健康な状態では、思考はネガティブに
傾きがちなので、健康状態も意識したほうが
いいかもしれません。

(もし、マイナスな考えしか浮かばないのであれば、
あれ?オレ体大丈夫かな??みたいな感じですね。)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事を生み出してしまった人

ナオトノーマルキャンセラー
高卒で鹿児島から上京。東京の会社に就職するが通勤中、
毎日会社が爆発する妄想していたら、
いつの間にか辞めていた。(会社が爆発したわけじゃない)

普通を避けるように生きている為か、
普通とは少しズレている可能性のある男。
行動指針はよりおもしろい方へ。つまらないことが何よりも嫌い。

日本をもう少しだけおもしろくするために、
普通をぶち壊していける人を増やしたいと思っている。
自分の納得できる人生を生きるため、日々考え、活動を続ける。
よろしければtwitterをフォローしてね!!
@tyoioreさんをフォロー

ナオトの公式無料メルマガ

ちょっと、共有していかない?

今回の記事はどうでしたか?もしよろしければ、
下のボタンから友達とかと共有して、話題のサンドバッグにしてみてね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ