ポジティブ思考が必ずしもいいとは限らない。危険な使い方とは?


2014-10-17_201007
僕の過去の記事を何個か見てもらえれば、分かりますが
ところどころで、ポジティブになろうぜ!的なことが
書いてあると思います。


ネガティブとポジティブ、どっちがいい?

と聞かれたら、

まぁ、ネガティブよりかはポジティブのほうがいいかな。
と答える方が大多数だと思います。僕も思います。


ですが、ポジティブ思考にも
良いポジティブと悪いポジティブ
あるのではないかと思うのです。


ちなみにここでいうポジティブとは、
我らのwikipedia先生の言うとおり、

事象を正負二極で見立てた際の正の側。

スポンサーリンク

ということです。
なんか難しく言ってますが、

例えば、

あなたが大好きなペットボトルのジュースを
半分まで飲んだとしましょう。

そこで、

1.あぁ~あと半分しかない・・・がっかり。(負)

2.あれ?結構飲んだのに
 まだ半分もあんじゃねえか!やっほーい!(正)

という二つの考え方が、できたとして、
2の考え方がポジティブということになりますね。


では、そのポジティブに、良い、悪いがあるとは
どういうことなのかと言うと、ポジティブには、


・自分を高めてくれたり、心に平安を与えてくれたりする
 良いポジティブ

・逆に自分を高めてくれるどころか、
破滅にも追いやってしまう悪いポジティブ


があるということを今回をお伝えしたいのです。

まず、一つ目の

・自分を高めてくれたり、
 心に平安を与えてくれたりする良いポジティブ


とはどんなものなのかと言うと、
例えば、仕事をしていて、定時間際に上司から、
これよろしくね。と新しい仕事を頼まれ、

間接的に残業を命令されたとしましょう。

そこで、

うわぁ~マジかよ。帰り遅くなんじゃん。。。

と思うのではなく、

おし!未来の自分の糧にすっぞオラ!

みたいに、頼まれた仕事でも、受動的にやるのではなく、
あくまでも、能動的、つまりは自分のためとすることで、
自分を高めるきっかけになりますよね。


上記のは自分を高めるポジティブの例ですが、

心に平安を与えてくれるポジティブだと、
例えば、好きだった女の子に告白して、
あえなく撃沈したとしましょう。

渾身の告白が空振りに終わったら、
そりゃ誰でも凹むとは思いますが、


あぁ~終わったぁ~これからどうしよう・・・


と、落ち込んだ気持ちを引きずるのではなく、


まぁ、今回はフラれたけど、もしかしたら、
次にもっといい出会いがあるかもしれない!


と切り替えを早くするのか、もしくは、


フラれたのはフラれたなりに原因があるはずだから、
自分なりにそこを分析して、次に生かそう!


とフラれたことさえ予定調和と捉えることで、
心に余裕を取り戻すことができますよね。


ここまでは良いポジティブとはどういうものか?
ということでしたが、こんどは、二つ目の

・逆に自分を高めてくれるどころか、
破滅にも追いやってしまう悪いポジティブ

についてですね。

まず、軽い例をだすと、冷蔵庫に賞味期限が
10日ぐらい切れた牛乳があったとして、

10日か~ちょっと味見してみるか。
あれ?そんなに変な味しないな。まぁ大丈夫っしょ!

と変なポジティブを発揮して、そのまま飲んで、
その日の夜から下痢祭りがスタートされる・・・

っていう具合ですね。
また別の例でいいますと、


車の運転中に、前方に曲がり角がある状況で、
そのまま直進するとして、


どうせ誰も飛び出してこないだろ。
大丈夫、大丈夫。と言って、

一時停止せず、
そのままアクセルを踏み込みこんでしまう。

そして案の定・・・みたいな。

この例だと、場合によっては、破滅もありえますよね。
ですので、破滅までいかないまでも、

自分に損害を与える可能性のあるものを
悪いポジティブとしています。


程度の差はあれ、僕たちはこのような
悪いポジティブを生活に取り入れて、
後悔していることがあるのではないでしょうか。


じゃあ、どうしていけばいいのか?
という話になってきますよね。


まず、悪いポジティブの何が悪いのかと言うと、
先ほどの、牛乳の例で言うなら、

賞味期限が10日切れているので、
それを飲んだら、お腹を壊してもおかしくない

という可能性が容易に想像できますよね。
要するに、

悪い可能性に蓋をして、目を逸らしていることが問題

ということです。車の例なら、

子供が飛び出してきて、
そのまま轢いてしまうという可能性ですね。


よく、ポジティブになるためには、
できるだけネガティブなことを考えないようすることが
重要と言われることがありますが、
(僕自身も言ったことがあるかもしれません。)


ネガティブなことを考えないで、
ポジティブに考えていたって、
最悪のことが起きることはあるのですから、


それを想定しないで動くのは、
危険なポジティブの使い方ということになりますね。


自分が行動していくにあたって、
好ましい結果から、好ましくない結果まで
様々なパターンが想定されるわけですよね。


ですので、一番重要なのは、


最悪な状態に蓋をして、見ないようするのではなく、
そうなったとしても、そこでのポジティブな答えを
予め用意しておく


ってことです。


例えば、知り合いの女性を
初めてデートに誘うとしましょう。

では、実際に女性をデートに誘ったとして、

・そのまま誘いに乗ってくれる
・なんかうやむやにされて、かわされる
・辛辣な言葉を吐かれて、きっぱり断れる

などのことが想定されるわけですが、
そのまま誘いに乗ってくれるのであれば、
別に問題ないですが、残りの二つはどうでしょう。

・なんかうやむやにされて、かわされる
⇒もう少しコミュニケーションを交わして、
相手が、ほんとに忙しいだけなのか、
マジに自分を嫌がっているのかを確かめ、

忙しいのであれば、タイミングを見て再度誘う、
嫌がっているのであれば、諦めて次に行こう!


・辛辣な言葉を吐かれて、きっぱり断れる
⇒完全に自分に勝ち目がないことが分かるので、
早めにそれが分かったので良しとし、
諦めて次にいこう!


といった感じに、とりあえずは、
どう転んでもポジティブに動けるよう、
自分の行動を決めておくのです。


ちなみに僕はこれを

無敵シミュレーション

と呼んでいます。

ある程度、最高から最悪まで想定しておくことで、
落ち着いて行動できますし、

何より破滅までいくことがまずなくなるので、
非常におすすめです。
(破滅ってのがまず稀だとは思いますが・・・)



今回悪いポジティブとして、言っていたのは、
楽観的思考じゃないの?と
思う方もいらっしゃるかもしれません。


僕の中のイメージでは、ポジティブ思考の中に、
楽観的思考があるということで
お伝えさせていただきましたので、
pozi※イメージ

楽観的思考とポジティブ思考を
別物として考えている方は

そういうふうに僕が考えていると
分かってもらえれば幸いです。

ということで、

ポジティブも使い方に気を付けてね!

というお話でした。

スポンサーリンク

この記事を生み出してしまった人

ナオトノーマルキャンセラー
高卒で鹿児島から上京。東京の会社に就職するが通勤中、
毎日会社が爆発する妄想していたら、
いつの間にか辞めていた。(会社が爆発したわけじゃない)

普通を避けるように生きている為か、
普通とは少しズレている可能性のある男。
行動指針はよりおもしろい方へ。つまらないことが何よりも嫌い。

日本をもう少しだけおもしろくするために、
普通をぶち壊していける人を増やしたいと思っている。
自分の納得できる人生を生きるため、日々考え、活動を続ける。
よろしければtwitterをフォローしてね!!
@tyoioreさんをフォロー

ナオトの公式無料メルマガ

ちょっと、共有していかない?

今回の記事はどうでしたか?もしよろしければ、
下のボタンから友達とかと共有して、話題のサンドバッグにしてみてね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ