久々に人見知りが爆発した。~あなたの友達とわたしは友達~

スポンサーリンク

hito
お疲れ様です。ナオトです。


人見知りってよく聞きますよね。


あっ、自分人見知りなんですよ~


みたいな。

事実、日本人のほとんどは自分のことを
人見知りだと思っているらしいです。
(いつぞやのテレビで見た気がします。) 
 

おそらく、自分のことを人見知りだと
言う人の中には、

ここはとりあえず人見知りって
言ってた方が無難だな・・・


と、別に人見知りじゃないのに、
人見知りを装っている、


ファッション人見知り

的な人もいるかもしれませんが、
僕はガチなほうの人見知りでしたね。


“でした”っていうことは

一応過去形なので、
多少は克服しているのですが、
たまに発症してしまいますね。


ちなみにここでいう”人見知り”は、

人と話すときに、
うまくおしゃべりができない状態のことを
指してます。


僕の場合は、

やっべ、何話していいかわかんない・・・
どうしよう・・・

と結局沈黙が続くというパターンが
多かったですね。


つい最近もあったんですよ。
人見知りが発動しちゃったときが。


なので、今回は、

その最近あった人見知りエピソードを
反省していきたいと思います。



で、なにがあったのかというと、
一言で表すなら、


友達(A)とその友達(A)の友達(B)の
3人でなぜか帰ることになった。


これだけ見ると
別に大丈夫じゃね??と思う方も
いるかもしれません。


おそらく鋭い方はもう気づいていると
思います・・・


つまり、僕の友達の友達ではあるけど、
その人が必ずしも僕の友達で
あるとは限らないのです。


結構昔に、ギャグマンガ日和という
アニメがありましたが、そのOPの歌詞に

わたしとあなたは 友達じゃないけど
わたしの友達と あなたは友達

スポンサーリンク

というフレーズがあります。
まさにどんぴしゃです。
【ギャグマンガ日和OP】



僕の友達をA君として、
その友達A君の友達をB君としましょうか。


多分みなさまも一度は体験したこと
あると思うんですよ。この状況。


人見知りじゃなければ、
難なく乗り切れる状況だと思いますが、
人見知りだとそうもいかないわけです。


誰もが思う心境を一言で表しましょう。


気まずい!


結局、数分の沈黙が流れてしまい、
僕からは何も話せずにいたら、

おそらく人見知りではない、
B君はしびれを切らしたのか、

「どこに住んでるんですか?」

という質問が飛んできました。

そして、僕がそれに答え、
僕たちの会話は終局を迎えました。


会話時間実に1分。


おそらく10分ぐらい一緒にいましたが、
おどろくほど気まずかったです。


さて、反省していきましょうかね!


まず、会話ができなかった原因から
探っていきましょうか。

1.実はB君を軽く知っていた

まず一つ目の原因として挙げられるのが、
実はB君のこと僕はある程度
知っていたんですよ。


なぜなら、A君からB君の話を
聞いていたので、年齢とかやっていること
とか、その他諸々の事情は知っていたのです。


中途半端に相手のことを知っていると
どうなるかと言うと、


なんとなく知っちゃってるしなぁ・・・
初対面でこれを聞くのもなぁ・・・


と考えこんじゃって、結局、

いやぁ、あまり聞くことねぇなぁ・・・

となり、沈黙を決め込むことのなるのです。

2.B君は苦手なタイプ?

やっぱり人間だから、
合う合わないがあると思うんです。


B君は僕の友達ではないですけど、
遠目から見ていることはあったので、
そのやりとりを見ていると、


僕があまり得意ではない人種だなぁ・・・

と。

具体的に言うと、

絡みが少しうっとうしい感じ??

クラスに一人はいたと思いますが、
どうでもいいことを
無駄にでかい声で言うタイプ。

「眠いー!」とか「腹へったー!」

みたいなね。

今それをそのボリュームで言う必要ある?

って感じなんですよ。

僕自身、そんなこと言われたら、
うまく返す自信がありません。

なので、正直、

あまり深く関わると
めんどくさいかも・・・

と思ってしまいました。

下手に仲が深まらないようにするために、 
僕は話ができなかったのかもしれません。


以上要約すると、

・話題を選びすぎて話せない
・あまり仲良くなる必要がないと判断した


ということです。


で、結局どうすれば良かったのか?
を考えていこうと思いますが、


上の二つの理由の根底にあるのは、
“自分を守るため”だと思うんです。


話題を選びすぎて、
話せなくなっちゃうのも、

・相手に変に思われたくない

とか

・下手なこと聞けば、一緒にいるA君に
 何を思われるかもわからない

などを気にしてるからですし、

あまり仲良くなるとめんどくさいと
判断して、自分から話を振らないのも、

・相手の無駄な絡みに対して、
 うまく対応できない
 かっこ悪い自分を見たくないから

という浅はかで醜いプライドを
守っているからだと思うんです。


でもですよ?僕は考えるのです。

実際はどうですか?

・相手に変に思われるかもしれない



・相手に嫌な絡み方をされるかもしれない


というのは
全て僕の推測でしかないのです。


つまり、まだ実害がでていない。
もしかしたら違う可能性もあるのに。


実際にまだ体験したわけではないのに、
自分の憶測だけで判断してしまう。


本当に悪い癖です。


相手に変に思われたからって
だからなんだ。

嫌な絡み方をされてうまく返せないからって
それがどうした。


僕はどうやら、
最近少しサボっていたようです。



何を気にしてるんですかね。
自分の醜い部分を隠そうとして
無駄に気を張っていたようです。



普通をぶち壊してくためにも、
この悪い癖は徐々に直していこうと
思います。



と、最初人見知りについて書こうと
思いましたが、思いの外、
謎の宣言になってしまいました。



人見知り克服法(会話法)


についてはまた追々お話します。


それでは!

スポンサーリンク

この記事を生み出してしまった人

ナオトノーマルキャンセラー
高卒で鹿児島から上京。東京の会社に就職するが通勤中、
毎日会社が爆発する妄想していたら、
いつの間にか辞めていた。(会社が爆発したわけじゃない)

普通を避けるように生きている為か、
普通とは少しズレている可能性のある男。
行動指針はよりおもしろい方へ。つまらないことが何よりも嫌い。

日本をもう少しだけおもしろくするために、
普通をぶち壊していける人を増やしたいと思っている。
自分の納得できる人生を生きるため、日々考え、活動を続ける。
よろしければtwitterをフォローしてね!!
@tyoioreさんをフォロー

ナオトの公式無料メルマガ

ちょっと、共有していかない?

今回の記事はどうでしたか?もしよろしければ、
下のボタンから友達とかと共有して、話題のサンドバッグにしてみてね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ