人から応援される人になる方法【使える心理学講座3】

gatag-00004151
お疲れ様です。ナオトです。


これまで、心理学講座として、


・気になる人をデートに誘う方法

・会社から有給をいっぱいもらう方法


ときましたが、今回は、


周りから応援されるような人になる方法


についてご紹介していきます。


あなたがもし何かを目指して頑張っているのであれば、
周りからけなされるより、
応援されたほうが断然やる気がでますよね。


けなされて反骨精神でがんばるってのもあるでしょうが、
それはなかなか体力がいる考えなので、
できる方はいいですが、


ほとんどの方は応援されるほうがいいと思うんです。


では、まず質問ですが、あなた自身が何かを
応援したくなった時ってどんなときでしたか?


とりあえずいくつか思いだして欲しいのですが、
その中で、


負けているもの、劣勢の状況にあるもの


ってありませんか?


例えば、

夏のある休日、テレビをつけたら、
高校野球の全国大会があって、

別にどっちにも思い入れがないけど、
とりあえず負けているほうを応援しよう。

みたいな感じですね。


僕で言うなら、プリキュアをみているときに、


主人公らが敵にボッコボコにされて、
よろめきながら立ち上がるシーンとか


最高に応援したくなりますね。


これは、アンダードッグ効果と言って、

人間は不利な状況にあるものや、
劣っている立場にあるものに対して

つい、助けたい!とか応援したい!
という心理が働いてしまう


というものです。

日本人はおもてなしとか、
そういう、人に対する気遣いが得意ですから
特にその傾向が強いですね。



実際の例だと、
選挙とかで票集めでよく使われていますね。


票数が足りない議員が

このままだとヤバいんです・・・

的な発言をすることです。



逆に、圧倒的に票数が勝っている議員は、

めっちゃ余裕です!ありがとうございます!

みたいな発言はしません。
これは、他の負けている議員が

先ほどのアンダードッグ効果を
狙ったような発言をすると、

その効果を助長させてしまう可能性があるからですね。



投票する人が元々勝っている議員に投票しようと思っていても、

あぁ~あの人もうこんな勝ってるんだったら大丈夫だな~。
じゃあ、このかわいそうな人に1票いれてあげよう。

という感じに、票数が奪われてしまうということです。


同情票とかいう言葉があるくらいですから、
侮れない効果を発揮するということでしょう。


で、僕らの生活に落とし込むとしたら、
大事なのが、


ただ弱さを見せるだけじゃダメ


ってことです。


ちゃんとそれを克服しようと頑張る姿に
人は魅了され、応援したくなるのです。


言い方悪いですが、

なにもしない”ただの雑魚”では
誰も応援してくれません。


ニートで、なにを目指すわけでもなく、
あぁ~空から100万落ちてこねーかな~?

と言ってるやつを
誰が応援したいと思うんですか?


ってことです。


雑魚なら雑魚なりに頑張る姿をみせてこそ、
応援したい!となるのです。


僕が前いた会社での飲み会のときに、
先輩が後輩にいて語っているのを
聞いてたのですが、そのときに、

“何かあっても、自分でマニュアルを見て、
なんとかしようとしているところを見たら、
助けてもいいかなっておもってる。”

という感じのことを言っていたのを覚えています。


今思うと、あまり性格がいいとは言えないですが、
まさしくアンダードッグ効果ですね。


恋愛の場面で使うとなると、


何かで失敗したときに、
そのことでくよくよするのではなく、
次はこうしたらいけるな!

前向きな反省を続けるとこを
異性に見せるのです。


要するに、倒されても、
諦めずに起き上がる戦士
みたいな状態を演出するのです。
(アニメとかでよくあるやつ)


応援したい気持ちがいつの間にか、
好きになっちゃった!っていうのも
珍しくありません。


くそーなんで俺のほうができるのに
あいつのほうがモテるんだよ!


って人がたまにいると思いますが、
おそらくこの要素を満たしている可能性がありますね。


弱さを見せることも強さの一つ


と言ったところでしょうか。


劣勢をチャンスに変える方法なので、
是非使ってみてください。

スポンサーリンク

この記事を生み出してしまった人

ナオトノーマルキャンセラー
高卒で鹿児島から上京。東京の会社に就職するが通勤中、
毎日会社が爆発する妄想していたら、
いつの間にか辞めていた。(会社が爆発したわけじゃない)

普通を避けるように生きている為か、
普通とは少しズレている可能性のある男。
行動指針はよりおもしろい方へ。つまらないことが何よりも嫌い。

日本をもう少しだけおもしろくするために、
普通をぶち壊していける人を増やしたいと思っている。
自分の納得できる人生を生きるため、日々考え、活動を続ける。
よろしければtwitterをフォローしてね!!
@tyoioreさんをフォロー

ナオトの公式無料メルマガ

ちょっと、共有していかない?

今回の記事はどうでしたか?もしよろしければ、
下のボタンから友達とかと共有して、話題のサンドバッグにしてみてね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ