ガリガリと言われた僕がデブ活なるものを始めてのメリット、デメリット。

スポンサーリンク


お疲れ様です。ナオトです。


今年初の更新ですかね。
あけましておめでとうございます。(遅ッ!)


いや~気付けば3月ですよ。
ひな祭りですよ。
あかりをつけましょぼんぼりにですよ。


みなさまいかがお過ごしでしょうか。


僕は元気です。
最近はゲーム実況なんかやっちゃってましたね。
よろしければ、下にチャンネルのリンクがあるので、
お時間あればみてくれるとうれしいです。


とまぁ、そんな感じで
あまりにもブログのほうを更新しなさすぎて、
焦りがでてきたって感じです。


別に誰が待っているとかじゃなくて、
何を焦っているのかと言うと、

このように文章を
よく書いていた時期の自分と、

今のまったく文章を
書いていない時期の自分を比べてみると、


明らかに頭の調子がよくないんですよね。


前も似たようなこと言ったことが
あるような気がしましたが、
もう一度実感したわけです。



と、前置きはそんなところで、
みなさんは、デブ活って知ってますか?


普通は、女子なんかがSNSで
食欲に負けてつい食べちゃう~
みたいなノリで使っているらしいですね。


それとはちょっと違う意味には
なってしまうんですが、

僕もやってみたんですよ。


デブ活を。



まずなんでかっていう話ですよね。
理由は単純です。


太りたかったから。


かれこれ20数年生きてきて、
たまに筋トレはしてたので、
そこまでガリガリではないはずなのですが、
やはり周りからは細くみられるみたいで、


細いね~とか
ちゃんと食べてる?とか
言われるわけですよ。


まぁ、別に言われ慣れてるから、
特にそれに対して、怒りとか不満とか
湧いているわけではないんです。


でも、ふと思ったんです。


ずっとやせ気味だった僕って
太ろうとしたら、太れるのか?

と。

あと、太ってから筋トレしたほうが、
効率がよいとどっかで聞いたことがあるので。


そして、そう思った僕は
日々のカロリーを増やし始めたのです。


通常であれば、カップ麺ひとつで
済ますところを、それにパンを追加したり、


晩飯であれば、デザートを追加したり
と積極的に食べる量とカロリーを増やしました。


よくやってたのは、
パンとかのカロリー表示をみて、


どっちがより高いカロリーなのかを
トーナメント形式で比べて、
高い方を選ぶみたいなことやってましたね。


で、そんな生活を2~3ヵ月ぐらい
続けた頃でしょうか。


今や、50Kg前半だった体重は、
少なくても55Kgぐらいになり、

食べ物とか入った状態だと、
58Kgを超えるようになりました。


さすがにこのぐらいの体重増加があると、
当然見た目にも変化があるもので、
特に変わったとこを上げると、

腰回り

がすげえ変わりました。
特にでてなかったお腹がでてきて、
太ももとか明らかに太さが違うんです。


で、変化を感じ取った例が、


去年の10月頃にユニクロ買った、
タイトめなジーンズがあったのですが、


それを履くと、ぱっつぱつになり、
もはやレギンスのような状態に
なってしまったので、履けなくなりました。


もうポケットとか物入んないですからね。
あれはうれしさ半分、ショック半分でした。


ウエストのボタンを止めるのがきついと
感じたのは、初めての体験でしたね。
なかなか新鮮でした。


久々に会った人には、
ちょっとがっしりしましたね!と言われ、
あぁ、こんなにも変わるのかとビビりました。


一応デブ活をしたことによる
メリットとデメリットをまとめると、


メリット

・ガリガリと言われなくなった
・筋トレの伸びしろがみえてうれしい
・自分でも太れるんだという自信がもてた



デメリット

・履けないズボンがでてきた
・排便の回数が増えた
・顔周りに少しお肉ついちゃった・・・


とまぁ、こんな感じですかね。
小麦が太ると聞いていたので、
昼ごはんはパンを中心に食べていたのが
聞いたかもしれません。



最強なのは、
カップ焼きそば+菓子パン
のコンビですかね。


カップ焼きそばは、
なかなかカロリー高いですからね。



僕みたいなガリガリ男子で、
太りたいけどなかなか太れない・・・
っていう方がいらっしゃれば、


パン+何か

みたいな生活をしていれば、
かなり太りやすいのではないかと思います。
米もいいんですけど、量的にパンのほうが
いいかなと僕自身感じました。


それと併せて筋トレすればもう完璧ですね。


とりあえず僕の目標は、
何も食べていない状態で58Kgぐらい
あればいいかなと思っています。


かといって食生活が乱れすぎるのは
よくないのでそこは気を付けていきたいですね。


それではまた次でお会いしましょう。

スポンサーリンク

この記事を生み出してしまった人

ナオトノーマルキャンセラー
高卒で鹿児島から上京。東京の会社に就職するが通勤中、
毎日会社が爆発する妄想していたら、
いつの間にか辞めていた。(会社が爆発したわけじゃない)

普通を避けるように生きている為か、
普通とは少しズレている可能性のある男。
行動指針はよりおもしろい方へ。つまらないことが何よりも嫌い。

日本をもう少しだけおもしろくするために、
普通をぶち壊していける人を増やしたいと思っている。
自分の納得できる人生を生きるため、日々考え、活動を続ける。
よろしければtwitterをフォローしてね!!
@tyoioreさんをフォロー

ナオトの公式無料メルマガ

ちょっと、共有していかない?

今回の記事はどうでしたか?もしよろしければ、
下のボタンから友達とかと共有して、話題のサンドバッグにしてみてね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ