去年の12月頃にゼロワンドライバー買ったんだけど、
ずっと残念に思っていることがある。

後ろからみると、おもちゃ感でちゃうんだよな~
プレミアムバンダイがCSM帯だしてくれたらな~



ないなら、自分で何とかするしかない。
調べてみると、中国のサイトでは、
仮面ライダーベルトのCSM風帯が売っていることが分かった。

さっそく取り寄せてみた。







品物自体の値段は2000円ちょいと、
リーズナブルだが、配送が国境を超えるので
品物と同じぐらいかかってしまった。オーマイガッ!
組み立ててDX版と並べるとこんな感じ


模様の間隔が狭いとか微妙な違いはあるけど、
それぞれのパーツが少し大きくなって、塗装も金属感あって、
概ね満足できる仕上がりになっている。




お~、いいじゃん。

ただ、二つ気になる点があって、
一つはベルト帯自体ががくっついてるわけではなく、
裏面のナイロンベルトで固定されているので、
何かの拍子に片方のベルト帯が
ベルト留めからぴょんと飛び出してしまうことがある。


二つ目はゆるゆるなのである。
商品説明には86~106までとか書いてあったけど、
DX版をちょっと延長すれば巻ける自分からしたら、
そんなにいらん。一番短くしても、
垂れ下がって、腰骨に乗っているみたいになる。

台座に飾って眺めるタイプの人は
別にいいかもしれないが、

生憎、俺は巻きたい。巻いて変身したい。
なので、この2点を改善すべく、
ここからさらに手を加えていきたいと思う。


使う材料はこちら

・やすり
・安全ピン
・衣類用ゴム紐
・きり
・でっかいハサミ
他写ってないけど、養生テープ

まずは長さの目安をDX版と比較して、
どこを切るのかを養生テープで印を付ける。
(最初マッキーでやろうと思ったけど、
模様が目安になったのでいらんかった)

はさみで切断。最初はのこぎりでやっていたが、
柔らかめの素材のせいか、作業が難航したため、
途中からはさみに切り替えた。

なんとか二つとも切断。




次に切断面を綺麗にするため、やすりでけずる。



まぁまぁ綺麗になった(同時に周辺が汚くなった)



次は紐を通すため、模様を目印に等間隔にきりで穴をあける。



4個あけた。

仮止めで一旦巻いてみたところ、
ナイロンベルトのかちゃっとはめる部分がちょっと邪魔になることが分かった。
なので、片方には退場してもらいます。


一番端の二重折になっている部分を切り落とす。


はずれた。



さぁ、ゴム紐を通そう。締めすぎず、緩すぎず。


裏はクロスして普通に結ぶ。


リストラされたナイロンベルトをもう片方に突っ込み、
特に意味はないが、中を通して、ゴム紐を通す。


あまったナイロンは
ぶらぶらしないように安全ピンで固定。


やったー!完成!








よっしゃ巻こう。
なんか白っぽいのはインカメで撮ったせいかも。



おまけ動画(ブログ限定)